便利なデータ入稿でお得なシールラベル印刷が実現

シールラベルの印刷は、枚数が少なければ自宅のインクジェットプリンターで作ることも可能ですが、数枚は楽しく作れるものの、数百枚、数千枚単位になると、手間とコストがかなりかかることになります。 カラフルな印刷にこだわって面積が多い印刷になるとインク代もかかり、専門の印刷業者に依頼した方が、手間をかけずに安価に作成することができ、しかもプロの手によって美麗な仕上がりのシールラベルが出来上がります。 かつては印刷を依頼する場合、画像などの原稿データを直接持ち込んだり郵送したりといった手間がありましたが、今はネット上にアップロードするだけの便利なデータ入稿が利用でき、印刷を依頼するハードルがかなり下がっています。用途別に最適な台紙など、豊富な種類の中から選ぶこともできます。

データ作成方法などを一通り把握

シールやラベルに印刷したい画像などの原稿データをネット上の専用サイトなどにアップロードするだけで、あとは印刷会社からの確認の連絡を待ち、問題がないようであれば完成したシール等が自宅などの指定場所に宅配便で届くのを待つばかりというデータ入稿は、非常に便利なものがあります。 その方法を一通り覚えてしまえば、楽なことこの上ない方法ですが、利用可能な画像の拡張子といった用語などに戸惑ってしまう場合、アップロードできるデータ作成までに、少々手間がかかってしまうこともあります。大抵の業者のサイトにはデータ作成方法などがわかりやすく解説されており、それでもわからない場合は電話やメールで質問すれば、ていねいに教えてもらうことができます。 データ入稿さえクリアすれば、あとは出来上がりを待つばかりとなりますので、一通り把握しておきたい知識です。

シール等の印刷が得意な業者へ依頼

便利なデータ入稿が一般化したことで、ネット上には数多くの印刷会社が専用のサイトを設け、そこから注文・決済しデータ入稿ののち出来上がりを待つという、すべてネット完結の便利なシステムが定着しています。 それだけに、格安印刷をアピールするサイトも多数出現、価格比較で最も安価なところを選びがちとなりますが、チラシやパンフレット類はともかく、シールラベルは特殊印刷になるだけに、やはり専門に請け負っている印刷会社を利用するほうが、トータルで考えた場合、満足感が高まります。 貼る場所によって最適な台紙や、シールの形や大きさなどの相談にも乗ってもらうことができ、仕上がりでこだわりたい箇所なども実現してもらえる可能性が高まります。仕上がりの色合いの相談など、プロならではの意見を聞くこともできます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加