屋内でも屋外でもシールラベルを活用しよう

室内での収納には何がどこにあるのかという事を分かるようにしておくことが必須です。そのためには収納グッズなどに一つ一つ何が入っているのかわかるようにラベルを貼っていくということが有効になります。 そのようなときに利用しやすいのがシールラベルです。自分で書きこんで利用してもいいですし、すでに印刷されているものなら剥がして貼り付けるだけで手軽にラベルがつけられます。 印刷されているものは見た目もキレイで統一しやすくて収納などに利用すると便利です。屋内での収納に利用することはもちろんですが、屋外でも同様に貼り付けてラベルを付けたい場面で活用することができます。外で使う場合は風雨にさらされることも考えてそれに耐えうるものを利用するようにしていきましょう。

室内では気軽にシールを利用してみよう

室内であればそれほど外部からの刺激がありませんから表面の保護などが必要なくなります。そのため簡単なシールラベルでも利用できますから気軽に収納や小物に貼り付けて便利に利用していきましょう。 なにも書かれていないものに自分で書きこんで利用するという事もできますが、綺麗なものを使いたいのであれば業者に印刷してもらったものやパソコンなどで印刷したものを使うとキレイです。 お子さんが学校で使う文房具などのお名前付けなどにも利用が可能です。大人の方であればお気に入りのマークなどを業者に依頼して大量に作っておくと、自分の名前代わりに貼り付けてオリジナルアイテムとして利用することができます。分別するためにも名前付けの代わりにも利用できますからぜひ屋内で活用していきましょう。

外で使うなら専用のものを用意して

屋内で使う物であればそれほど気にすることはないでしょうが、屋外で使うとなると劣化などへの配慮が必要です。雨が降れば水にぬれてしまいますから通常の紙では破れてしまいますし、のりがはがれてしまう事もあります。 さらに陽に当たるとインクが薄くなってしまいせっかくのデザインや文字が読みにくくなってしまうという事もあるので注意が必要です。屋外で使うアイテムにシールラベルを使いたいならインクを劣化に強いものにし、水濡れにも強い素材やコーティングで作成していくといった工夫をする必要があります。 こうした形で強い加工を施して作ったものであれば車など外に置いておくものにデコレーションを施す時や、看板や表札として、また庭仕事用の収納を使いやすくするためなどに活用することが可能になります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加